※ 本ページはプロモーションが含まれています。



赤ちゃんにとってファーストシューズは特別なもの。

しかし、新米ママと新米パパにとっては、どのように選べば良いのかわからないですよね。

この記事では、いつ購入するのか、どのように選ぶのかを案内します。
家族でファーストシューズ選びを楽しんでください。

ファーストシューズはいつ履かせる?

まずはファーストシューズの正しい情報から覚えておきましょう。

  • 何が特別なのか?
  • 始めるのは、いつのタイミング?
  • いつまで履くの?

これらを紹介します。
1つずつ見ていきましょう。

ファーストシューズとは?何が特別なのか?

ファーストシューズは、赤ちゃんが始めて足を入れるもの

多くの赤ちゃんはまだ歩き始めておらず、外の不整地を歩いたり、靴に慣れるのに適したものです。

また、成長を祝うアイテムとしても人気で、出産祝いにも喜ばれます。

ファーストシューズ始めるのは、いつのタイミング?

いつ靴を選べば良いのか迷いますよね。

赤ちゃんが立ち始めると、購入を考える親も多いです。
赤ちゃんは急速に成長します。
親にとってはそれが毎日の喜びでもあります。

しかし、特に靴の選び方は、「サイズがすぐに合わなくなるので、歩き始めてから選ぶのが良いか?」と考えている人もいます。
「いつから靴を履かせれば良いのか?」と悩んでいる親もいるでしょう。

実際には、赤ちゃんが約10歩歩けるようになってから考え始めるのが一般的です。

約8ヶ月頃、立ったり歩いたりできるようになったタイミングです。
早すぎるかもしれませんが、靴に慣れる意味でも、少し早めに始めることが良いでしょう。

最初は室内用の靴から始めて、徐々に慣らしてあげることがお勧めです。

寒い時期にはベビーカーでお出かけする際にも、靴を履かせておくと安心です。

ファーストシューズはいつまで履くの?

赤ちゃんの足は急成長で、3ヶ月ごとにサイズを確認することがお勧めです。

初めての靴は歩き方を学び、靴に慣れることが目的です。

足の成長に合わせて、靴を選び直すことも大切です。
足先に5mm〜10mmの余裕がなくなったら、新しいサイズにするのが目安です。

赤ちゃんの足の成長をサポートするためにも、ちょうど良いサイズを選ぶことが重要です。

ファーストシューズのサイズと測定方法は?

赤ちゃんのファーストシューズサイズと測り方を紹介します。

  • 測定方法は?
  • どこで測定できるの?
  • サイズチェックもいるの?

これらを1つずつ見ていきます。

ファーストシューズの測定方法は?

赤ちゃんの靴のサイズは、通常11〜13cmが一般的です。
測定する際は立っている状態で行うことがお勧めです。

また、専門店やメーカーには、測定ツールがあるところもあるので利用すると良いでしょう。

より正確に測定できるので安心です。

ファーストシューズはどこで測定できるの?

ベビー用品を取り扱っているところにあります。

ミキハウスやベビー専門店、デパートなどでは、専門のスタッフがサイズを測定してくれます。

赤ちゃんの成長に合わせたアドバイスももらえるので安心です。

店舗を訪れる際には、事前に測定器の有無を確認しておくのがおすすめです。

定期的なサイズチェックを

赤ちゃんは、靴がきついと言えません。

足の成長は個人差がありますが、半年で約1cmずつ大きくなると言われています。

サイズアウトは頻繁に起こりますが、成長の喜びとともに、足に合ったサイズの靴を選んでください。

ファーストシューズの選び方と6つのポイント

ファーストシューズを選ぶポイントを6つ紹介します。

  • 赤ちゃんの足に合ったものを選ぶ
  • 履きやすい靴を選ぶ
  • 赤ちゃんの足のサイズに適した靴を選ぶ
  • つま先に余裕のあるデザインを選ぶ
  • 素材は通気性と柔らかさを考慮して選ぶ
  • 歩き始めは室内用の靴もおすすめ

1つずつ見ていきましょう。

赤ちゃんの足に合ったものを選ぶ

赤ちゃんが履く靴の選び方は、年齢によっても異なります。

歩ける年齢の赤ちゃんであれば、靴のサイズは大人と同じようにフィットさせることが重要です。

しかし、1歳前後の赤ちゃちゃんであれば、フィット感よりも柔らかく足を包んでくれる質感を重視するのが良いでしょう。

赤ちゃんの足は、かかとや土踏まずの形成がまだ発達途中であり、力の加減も難しいため、靴は足全体を優しく包み込みながらも、クッション性の高いソールで足を守ることが求められます。

通気性の良い素材も赤ちゃんの靴選びの重要なポイントです。

履きやすい靴を選ぶ

履きやすさは、柔らかさ、軽さ、お父さんやお母さんが履かせやすいこと、これらがポイントとなります。

未発達な足には適度な柔らかさが必要で、足の動きや発育にも影響します。
 

また、筋力のない足には軽さも重要で、よちよち歩き時の転倒防止にも効果的です。

室内で履く場合は、底が滑りにくい素材も重要です。
 

そして、お父さんやお母さんが履かせやすい、脱がせやすいデザインも重要です。

赤ちゃんは自分で靴を履くことはできず、靴を履かせる際にも足を動かしてしまうことがあるため、シンプルで開口部が広いデザインがお勧めです。

靴選びは赤ちゃんにとっても心地良く、お父さん、お母さんにとっても喜びのイベントとなりますよ。

赤ちゃんの足のサイズに適した靴を選ぶ

初めての靴は、足にちょうど良いサイズのものを選ぶことが大切です。

赤ちゃんの足はまだ柔らかく、サイズが合わない靴を履かせると足が変形する危険があります。
 

また、サイズが合わない靴は歩きづらく、赤ちゃんが靴を履くのを嫌がる原因となります。

大人でもサイズが合わない靴を履くと疲れや靴擦れが起こります。

サイズアウトが早いことから大きめの靴を選ぶ考えもあるかもしれませんが、赤ちゃんの足のためにちょうど良いサイズの靴を選ぶことが必要です。

つま先に余裕のあるデザインを選ぶ

赤ちゃんの足は歩く際に指も動かしています。
だから、指先が動かせる余裕があるデザインを選びましょう。

指を動かすことは、未熟な土踏まずやふくらはぎの筋肉の発達に良いと言われています。

広めに作られた足先と、柔らかい靴底が赤ちゃんにとって理想的です。
試着の際には、これらのポイントを確認することがお勧めです。

素材は通気性と柔らかさを考慮して選ぶ

靴を初めて履くことは、赤ちゃんにとっては新しい経験です。

柔らかく軽い素材、そして伸縮性のあるものを選ぶことで、赤ちゃんが靴を怖がらないようにしましょう。

革などの吸湿・発散性のある素材は理想的です。

歩き始めは室内用の靴もおすすめ

このタイプの初めての靴は、プレシューズとも呼ばれることがあります。

軽い作りで素足感覚で履ける靴は、基本的に室内用とされています。

立ち始めや少し歩けるようになったタイミングで、外出先で少し歩かせる際にも利用されます。
 

1足持っておくと、ベビーカーだけでは退屈してしまう赤ちゃんを、外出先でも立たせてあげることができるので便利です。

の関連記事
    おすすめの記事