※ 本ページはプロモーションが含まれています。



使い方簡単!溝のないめぐみ鉢~魅力たっぷりのすり鉢で手間いらずの調理を楽しもう

昔ながらの調理器具のすり鉢。

ゴマや長芋、スパイスをすりつぶすと香りも引き立ち、食欲がそそられる食卓に早変わりします。
他にも、離乳食作りにも便利です。

でも、重かったり洗いにくかったりするから、なかなか使わないですよね。

そこで、すり鉢のデメリットを解消できる溝のないめぐみ鉢を紹介ます。

  • どんなものか?
  • 手軽に調理ができる理由
  • 使い方や注意点
  • めぐみ鉢の魅力
  • 調理の手間を省く方法
  • めぐみ鉢を使った料理
  • 口コミや評価

これらをまとめて案内するので、参考にしてください。

溝のないめぐみ鉢って何?

溝のないすり鉢とは、すり鉢の内側に溝がない、つまり平滑な底面を持つすり鉢のことを指します。

一般的に溝のないすり鉢は、食材をより滑らかに砕くことができ、すりこ木で食材を潰すことによって摩擦熱が発生しにくいから、熱に敏感な食材の調理に向いています。

そして、溝がないから洗いやすく、汚れがたまりにくいため、衛生的に使えます。

ただし、溝のないすり鉢は、すりこ木を使っても十分な力をかけにくいため、ある程度柔らかい食材を砕くときに適しています。

また、溝があるすり鉢に比べて、摩擦熱が発生しにくいため、ある程度力をかけて砕く必要がある場合には、溝のあるすり鉢の方が適しているかもしれません。

手軽に調理ができる理由

溝のないすり鉢が、手軽に調理ができる理由を主に4つ紹介します。

1つずつ見ていきましょう!

  1. 食材を滑らかに砕ける
    内側に溝がないため、食材をより滑らかに砕けます
    そのため、例えばペースト状の調味料や、フルーツを潰してジャムやジュースを作るなど、滑らかな食材を作る際に便利です。
  2. 熱に敏感な食材の調理ができる
    摩擦熱が発生しにくいため、熱に敏感な食材の調理に向いています
    例えば、生姜やにんにくをすりつぶす際には、溝のないすり鉢を使うと、熱を加えずに風味を引き出すことができます。
  3. 洗いやすくて衛生的
    平滑な底面を持つため、洗いやすく、汚れがたまりにくいため、衛生的な面でも優れています。
  4. 手軽に調理ができる
    比較的簡単な調理器具であり、特に電気や火を使わないため、手軽に調理ができます
    また、すり鉢を使うことで、食材の味や香りを引き出すことができます。
    手で行うため、調理の過程で食材を感じ取ることができ、食材に合わせた調理が可能になります。

だから、溝のないすり鉢は、誰でも手軽に調理ができます。

めぐみ鉢の使い方

溝のないすり鉢の「めぐみ鉢」は、独特の形状だから、手軽に調理ができます。

めぐみ鉢の使い方を紹介します。

  1. 食材の準備をする。
    すりつぶす食材を選び、適当な大きさに切ります。
  2. 食材をすりつぶす。
    溝のないすり鉢なので、食材を円を描くようにすりつぶします
    軽い力加減で慣れてくると、すりつぶす速度も上がります。
  3. 味付けをする。
    すりつぶした食材に、お好みの調味料を加えて混ぜます
    例えば、胡麻や醤油、塩、みりん、酢などを加えるとおいしいです。
  4. 食材を取り出す。
    すりつぶした食材を取り出す際は、すり鉢の下にあるくぼみを使います。
    食材がくぼみに集まっているので、くぼみからスプーンなどで取り出すと簡単です。
  5. 洗浄する。
    使用後は、水で予洗いしてから洗剤で洗い、乾燥させます。

このように、めぐみ鉢は食材をすりつぶすための道具です。

溝のないすり鉢なので、食材が詰まることがなく、洗いやすいです。
また手軽に調理ができることが特徴です。
 

注意点としては、すりこぎを力任せに回すと材料がこぼれたり、すりこぎが壊れたりする可能性があるため、優しく回すようにすることです。

また、すりこぎの深さにも注意し、材料が溢れないように調整しましょう

 

めぐみ鉢は、野菜の調理にも使えます。

通常の使い方と変わるポイントを紹介します。

  • めぐみ鉢に野菜を入れたら、塩をかけ手で揉むように押します
    すると、野菜の水分が出てくると柔らかくなります。
    お漬物や和え物、サラダにおすすめです。

注意点は、野菜を入れすぎると効果が出にくくなるため、適量を守るようにしましょう。

また、野菜の種類や大きさによっても時間がかわります。
最初は少量から始め、自分の好みの柔らかさを見つけていくとよいでしょう。

 

使用上の注意点

めぐみ鉢を使うときの、注意点を案内します。
気をつけて使いましょう。

  • めぐみ鉢はガラス製品ですので、衝撃や落下には注意して扱いましょう。
    割れた場合は、ケガの恐れがあるため、注意が必要です。
  • めぐみ鉢を使用する前には、十分に洗浄し、清潔に保ちましょう。
    特にすりこぎ部分は、細かい隙間があるため、洗浄がしっかりとできるように注意してください。
  • めぐみ鉢は小さいため、材料を適量にすることが重要です。
    材料が多すぎるとすりこぎが詰まってしまったり、調理がうまくいかなくなることがあります。
  • めぐみ鉢はガラス製品のため、急激な温度変化に弱いです。
    加熱や冷却には注意して使用しましょう。
  • めぐみ鉢に入れた材料をすりつぶす際には、すりこぎ部分に力を入れすぎないように注意してください。
    すりこぎが割れたり、材料が飛び出したりすることがあります。

これらの注意点に気をつけながら、めぐみ鉢を使って料理を楽しみましょう。

 

魅力たっぷりのすり鉢が手軽に使える!

すり鉢は、食材を手軽に細かく砕いたり、調味料を混ぜ合わせたりするために使われる調理器具です。

材料をすりつぶして味を引き出すことができるため、味付けの幅が広がることや、素材本来の風味を引き出すことができるなどの魅力があります。
 

しかし従来のすり鉢は、重たくて大きく、また溝の部分が細かくて手入れが面倒だったり、使い勝手が悪かったりするというデメリットもありました。

最近では、そういったデメリットを解消するために、溝のないすり鉢や軽量で使い勝手の良い素材を使用したすり鉢などが登場し、ますます手軽に使えるようになっています。

また、手軽に使えるだけでなく、デザイン性にも優れたすり鉢が多く、キッチンで使うだけでなく、食卓で料理を盛り付ける際にもインテリアの一部として楽しむことができます。

 

めぐみ鉢は溝がなく、野菜を揉み続けることで柔らかくするため、力を入れずに手軽に使うことができます。

また野菜を手で揉むため、栄養素を壊すことなく、野菜の水分を引き出し、風味や味を引き立てる効果があります。

野菜を柔らかくしてから調理するため、煮物や和え物、サラダなど、様々な料理に利用することができます。
野菜を手軽に加工することで、料理の幅が広がるとともに、栄養素もしっかりと摂ることができます。

手軽に使えるめぐみ鉢は、野菜が苦手な人でも手軽に栄養素を摂ることができるため、健康的な生活にも役立ちます。

調理に必要な手間を省く方法

めぐみ鉢で調理する場合、野菜を柔らかくするために手で揉む必要がありますが、その手間を省く方法が4つあります。
 

まずは、事前に野菜をカットしておくことです。
野菜を細かくカットすることで、揉む時間が短くなり、手間を省くことができます。
 

また、野菜を柔らかくするために、塩を加えることもできます。
野菜に塩を加え、手で揉むことで、水分が出て柔らかくなります。

ただし、塩加減には注意が必要で、過剰に塩を加えると、野菜がしんなりとしすぎてしまうため、適量を加えるようにしましょう。
 

他にも、柔らかくするために野菜を軽く茹でたり、電子レンジで加熱したりする方法もあります。
これらの方法を組み合わせることで、手間を省きながら効率的に調理することができます。
 

最後に、めぐみ鉢の洗浄に関しても、手間を省く方法があります。
めぐみ鉢は水洗いができますが、汚れが残りやすいため、洗い方には注意が必要です。

使用後は、すぐに洗い流し、中に汚れが残らないようにしましょう。

また、汚れがこびりついた場合は、中性洗剤を使って洗い、よくすすいでから乾燥させるようにしましょう。

 

めぐみ鉢で料理のバリエーションが広がる!

 

めぐみ鉢は、すり鉢としてだけでなく、調理器具としても利用できるため、料理のバリエーションを増やすことができます。

めぐみ鉢を使ったレシピの例をいくつか紹介ます。

    1. ごまドレッシング
    2. めぐみ鉢を使って、ごまをすりつぶしてドレッシングを作ることができます。
      ごまの香りがより一層引き立ち、手作りならではの風味豊かなドレッシングができます。

    3. きゅうりの浅漬け
    4. めぐみ鉢を使って、きゅうりをすりおろしてから塩を加え、手で揉んで水分を出します。
      調味料と一緒に漬け込むことで、手軽に美味しい浅漬けが作れます。

    5. あんこ
    6. めぐみ鉢を使って、あんこを作ることができます。
      手作りのあんこは、粒感が残っているため食感がよく、自分好みの甘さに調整できるのが魅力です。

    7. ハンバーグのつなぎ
    8. めぐみ鉢を使って、パン粉や卵などのハンバーグのつなぎを作ることができます。
      手作りのつなぎは、具材の味がより引き立ち、食感も適度に残るため、ハンバーグがより美味しくなります。

    9. オリーブオイルとにんにくのペースト
    10. めぐみ鉢を使って、にんにくをすりつぶしてオリーブオイルと一緒にペーストにすることができます。
      パンに塗ったり、パスタにかけたり、料理のアクセントに使えます

いくつかのレシピを紹介しました。
めぐみ鉢を使って、自分なりのアレンジ料理を楽しみましょう。

 

めぐみ鉢を使って料理のプロになろう!

めぐみ鉢を使って、プロの料理人のようにできるポイントを紹介します。

料理のプロになるためのポイントをいくつか紹介します。

  1. 材料を適量にする
    めぐみ鉢は、小さい容器であるため、適量の材料を使用することが大切です。
    材料が多すぎるとすりこぎが詰まってしまったり、調理がうまくいかなくなることがあります。
    材料の量には十分注意しましょう。
  2. 材料の切り方に注意する
    めぐみ鉢で材料をすりつぶす前に、材料の切り方に注意しましょう
    例えば、ごまをすりつぶす場合は、粒が大きい場合は事前に刻んでおくとよいでしょう。
    また、生姜をすりおろす場合は、皮をむいてからすりおろすと風味がよくなります。
  3. 味を加えるタイミングに注意する
    めぐみ鉢で材料をすりつぶした後に、味を加える場合は、適切なタイミングに注意しましょう
    材料をすりつぶる前に味を加えると、均一に混ざらず、味が濃すぎたり薄かったりすることがあります。
    味を加える前に、材料をしっかりとすりつぶしてから、味を加えることがおすすめです。
  4. 食材の風味を楽しむ
    めぐみ鉢で材料をすりつぶすことで、食材の風味を存分に楽しむことができます。
    例えば、ごまをすりつぶしてドレッシングを作る場合は、ローストしたごまを使うと香ばしさが増し、風味が豊かになります。
  5. アレンジして自分流の味を楽しむ
    めぐみ鉢で調理することで、材料の組み合わせや味付けを自由にアレンジすることができます。
    自分好みの味付けや、オリジナルのレシピを作ってみましょう。

これらのポイントに注意しながら、めぐみ鉢を使って料理を楽しんでみてください。

 

 

めぐみ鉢の口コミ評判は?

めぐみ鉢は基本的に高評価です。

実際に使っている人の口コミを紹介します。

手軽に調理ができるので、忙しい日常でも使いやすい。
すりこぎがないので、洗い物も少なく済むのが嬉しい。
(30代女性)

 

めぐみ鉢を使うと、普段あまり使わない材料や調味料も活用できるようになり、料理のバリエーションが広がった
また、材料を細かくすりつぶせるので、味が深まり美味しくなった。
(40代女性)

 

子供でも簡単に使えるので、料理の手伝いにもぴったり。
すりこぎがないため、安心して子供に任せられる。
(子育て中の主婦)

 

めぐみ鉢はガラス製品で、デザインもシンプルで美しいため、キッチンに置いておくだけでもおしゃれに見える。
(20代男性)

 

実際に使った人からは高評価です。

このように、手軽に調理ができることや、料理のバリエーションが広がることが人気のポイントです。

溝のないめぐみ鉢で魅力たっぷりのすり鉢で手間いらずの調理を楽しもう

料理の幅が広がるすり鉢。

便利な反面使いにくさが目立ちます。
そのすり鉢のデメリットを解消する「めぐみ鉢」を紹介しました。

溝がないから、使いやすく洗いやすい新しいデザインのすり鉢です。
 

また、見た目もオシャレだからそのまま食卓に並べても映えます。

加熱をしなくても、食材をやわらかくできるから食材に含まれる栄養素も壊れません

風味豊かで、必要栄養素もしっかり摂れます。
 

洗いやすく、使いやすいすり鉢のめぐみ鉢で料理の幅を広げましょう。

おすすめの記事